%PM, %23 %344 %2021 %16:%2月

高年齢者雇用安定法の改正~70歳までの就業機会確保~

筆者
評価
(0 votes)
少子高齢化が急速に進展し人口が減少する中で、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある高年齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高年齢者が活躍できる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、令和3年4月1日から施行されます。
ただし、現段階では定年を70歳まで引き上げるものではございません。あくまでも努力義務です。
また、定年制度、継続雇用制度の見直しのための助成金がありますので、継続雇用を検討中の事業主様はぜひご検討の程。
少子高齢化の社会を考えると、シニアの活用も積極的に行っていく必要がありますね
 
本件の詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000694688.pdf

 

 

閲覧 339

コメントする

*は必須項目です