マーケティング

マーケティング (10)

%PM, %26 %185 %2020 %12:%8月

5フォース

筆者

5フォース(5Forces)とは、企業の競争戦略を考える前提として、産業の収益に影響を与える経済要因を探るフレームワークのこと。

%AM, %03 %120 %2020 %10:%8月

ツァイガルニック効果

筆者

ツァイガルニック効果とは、目標が達成されない未完了課題についての記憶は、完了課題についての記憶に比べて想起されやすいという、認知心理学における効果のこと。
旧ソビエト連邦の心理学者ブルーマ・ツァイガルニック(Bluma Zeigarnik)によって提唱されました。

ペルソナ・マーケティング(Persona Marketing)とは、ターゲット像を明確化した、ペルソナと呼ばれる架空の個人情報を持つユーザーを設定し、そのペルソナが満足する製品やサービスを設計するマーケティング手法のこと。

%PM, %27 %425 %2020 %18:%7月

STP

筆者

STPとは、フィリップ・コトラー(Philip Kotler)が提唱したマーケティング戦略の基本的なフレームワーク。
市場を細分化(Segmentation)し、標的市場を決定(Targeting)し、決められた市場の中で自社ブランドのポジションを明確化(Positioning)するという、自社が誰に対してどのような価値を提供するのかを明確にするための考え方です。

%AM, %20 %156 %2020 %11:%7月

バンドワゴン効果

筆者

バンドワゴン効果(Bandwagon Effects)とは、ある製品・サービスを消費する人が多ければ多いほど、顧客がその製品・サービスによって得る満足・安心感が増加する効果のこと。群集心理における同調現象のひとつ。
また、流行しているという空気を醸成することによって、その製品・サービスへの支持は一層強くなります。

%PM, %17 %233 %2020 %13:%7月

弱い紐帯の強み

筆者

弱い紐帯の強み(The strength of weak ties)とは、1973年にスタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッター (Mark Granovetter) が「The strength of weak ties」という論文で指摘した社会的ネットワークの概念。

%PM, %17 %224 %2020 %13:%7月

アンカリング効果

筆者

アンカリング効果(Anchoring Effect)とは、提示された特定の数値や情報が印象に残って基準点(アンカー)となり、判断に影響を及ぼす心理傾向のこと。
行動経済学の分野で特に注目されるようになりました。

%PM, %15 %281 %2020 %14:%7月

エスノグラフィー

筆者

エスノグラフィー(Ethnography)とは、文化人類学や社会学におけるインタビューや観察によるフィールドワークから社会や集団を調査する手法、また、調査書のこと。
マーケティングにおいては、顧客の地域性による文化や生活習慣、価値観による行動様式を理解することで、企画立案や商品開発に活用されています。

インバウンド・マーケティングとは、訪日外国人旅行者をターゲットとして行われる商業活動のこと。
インバウンド(Inbound)の原義は「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞である。
インバウンド・ビジネス。インバウンド消費。インバウンドマーケット。インバウンド観光マーケティング。

インバウンド・マーケティングとは、顧客の購買行動における能動的な情報探索の過程で、ニーズに沿った情報を提供することで、購買やブランド向上に結び付けるというプロモーションにおけるコンセプトのひとつです。
Webを活用した施策が多いことから、Webプロモーションの概念として取り上げられることが多い。