%AM, %20 %156 %2020 %11:%7月

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果(Bandwagon Effects)とは、ある製品・サービスを消費する人が多ければ多いほど、顧客がその製品・サービスによって得る満足・安心感が増加する効果のこと。群集心理における同調現象のひとつ。
また、流行しているという空気を醸成することによって、その製品・サービスへの支持は一層強くなります。

%AM, %21 %149 %2020 %11:%7月

労働法の一部改正

労働基準法の一部が改正されます。
これは2020年4月1日以降に支払われる賃金が対象となりますのでご注意ください。

%PM, %17 %233 %2020 %13:%7月

弱い紐帯の強み

弱い紐帯の強み(The strength of weak ties)とは、1973年にスタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッター (Mark Granovetter) が「The strength of weak ties」という論文で指摘した社会的ネットワークの概念。

%PM, %17 %224 %2020 %13:%7月

アンカリング効果

アンカリング効果(Anchoring Effect)とは、提示された特定の数値や情報が印象に残って基準点(アンカー)となり、判断に影響を及ぼす心理傾向のこと。
行動経済学の分野で特に注目されるようになりました。

%PM, %15 %281 %2020 %14:%7月

エスノグラフィー

エスノグラフィー(Ethnography)とは、文化人類学や社会学におけるインタビューや観察によるフィールドワークから社会や集団を調査する手法、また、調査書のこと。
マーケティングにおいては、顧客の地域性による文化や生活習慣、価値観による行動様式を理解することで、企画立案や商品開発に活用されています。

インバウンド・マーケティングとは、訪日外国人旅行者をターゲットとして行われる商業活動のこと。
インバウンド(Inbound)の原義は「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞である。
インバウンド・ビジネス。インバウンド消費。インバウンドマーケット。インバウンド観光マーケティング。

インバウンド・マーケティングとは、顧客の購買行動における能動的な情報探索の過程で、ニーズに沿った情報を提供することで、購買やブランド向上に結び付けるというプロモーションにおけるコンセプトのひとつです。
Webを活用した施策が多いことから、Webプロモーションの概念として取り上げられることが多い。